ブログ

幸福ホルモン「オキシトシン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

みなさんは「オキシトシン」というホルモンをご存じでしょうか?
哺乳類だけが持っているホルモンで、「幸せホルモン」とも「愛情ホルモン」とも言われています。
ストレスを緩和して、幸せな気分をもたらすホルモンです。
ふれあい、スキンシップでも分泌されると言われています。
アロマトリートメントを受けると分泌が増えるそうです。
受ける側だけでなく、施術する側も分泌が増えることがわかっています。

頭をなでてあげたり、ペットをなでるだけでも「オキシトシン」は分泌されます。
親が子どもをなでてあげたり、恋人同士のスキンシップなどのふれあいで分泌され、人を信頼して幸せな気持ちにさせてくれるホルモンなのです。
オキシトシンが充分に分泌されると、心理的、精神的ストレスを緩和して、心身が解きほぐされ、脳と心の疲れを癒してくれます。
そして、満たされた気持ちになるのです。
オキシトシンは、脳の中心部で合成、分泌されるホルモンです。
ストレスを緩和して幸せな気分をもたらします。
妊娠や出産にも関わります。
出産の時は、オキシトシンを分泌させ子宮収縮を促し、お腹の赤ちゃんを産道へと導きます。
だからでしょうか?
増加すればするほどに、女性らしさがアップするそうです。
妊娠、出産すれば、女性らしさが際立ちますから、そう言われるとうなづけます。
そして「信頼する気持ちを強める」とされています。
ふれあい、スキンシップでも分泌されると言います。
頭をなでてあげたり、ペットをなでるだけでも「オキシトシン」は分泌されるのです。
親が子どもをなでてあげたり、恋人同士のスキンシップなどのふれあいにより、オキシトシンは分泌され、人を信頼して幸せな気持ちにさせてくれるのです。
脳にあるセロトニン神経が活発に働くと、脳の状態が安定して、心に平穏がもたらします。
自律神経を整える役割もあるので、「癒し」を感じることができるのですね。
オキシトシンが充分に分泌されると、心理的、精神的ストレスを緩和して、心身が解きほぐされ、脳と心の疲れを癒し満たされた気持ちになれます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP