プロフィール

増田実佐子 プロフィール

こんにちは^^西宮・甲子園口在住 アロマの力で心と身体を癒すサロンHappynewsを主催している増田実佐子(ますだみさこ)です。サロンのモットーや私がアロマテラピーにかかわるきっかけとなったお話を紹介させていただきます。

Happynewsのセラピーのモットー

誰よりもあなたを理解し感情と肉体に働きかけるアロマの力で、本音で本気で寄り添い、お悩み解決のお手伝いをいたします。

Happynewsを始めたきっかけ

幼い頃から、病気がちだったわたしは、身体のことではかなりいろんなことで悩んできました。

幼稚園の頃、長い間入院を余儀なくされたことがあります。その期間は実に9か月間。ちょうど、幼稚園の入園が決まっていて、準備もすべてが終わっていた頃のことでした。長い入院生活のせいで、幼稚園に通うことができなかったのです。

仕事を終えた両親は病院に来て、いつも疲れ切った顔をしていました。やっとの思いで、辛い思いから解放されて、自宅に戻った時、畳のうえに座らされて、父から言われた言葉は。。。

「お前は今までみんなに迷惑を掛けたのだから、これからは人に役立つようなことをしろ」でした。

父は、当たり前のことを言ったのかもしれません。決して、わたしを愛していなかった訳ではなかったのだとは思います。大人になった、今であれば父のその気持ちも理解できます。けれど、若干5歳だった子どものわたしには、衝撃が走るような言葉だったのです。そのため、心に重荷を抱え込んでしまっていました。

だからでしょうか?つい最近まで、その言葉にとらわれてしまって生きてしまっていました。わたしはずっと当たり前のことが当たり前にできない子どもだったように思います。今のように、発達障害なんていう言葉なんかない時代でした。グレーゾーンなので、日常生活は普通には出来ます。

ですが、一度にたくさんの出来事を処理しないといけなくなると、途端に大混乱してしまうのです。今でもそうです。物事もじっくり一つ一つを片づけたいので、やることが遅いのです。整理して優先順位をつけるのがニガテなんですね。そんな出来ない自分をずっと責めていました。当時はかろうじてアダルトチルドレンという言葉が出回っているくらいで、自分のことを知りたくて、それらのことが書かれている本を一生懸命読んで、安心するようにしていたのです。

病気はこれだけではありません。大きいところでは、突発性脊髄側弯症で長くは生きられない、と言われていたこと、とか。とにかく、人の気持ちに敏感なところがあるせいで、いつでも疲れていました。そして、出来ないことも絶対にやりたい、と思ってしまって、慢性疲労症候群だったこともあります。結婚してからは、慣れない子育てで、相談する人もいなかったので、産後鬱も経験しています。

ずいぶん前の、もう十ウン年もの前の話。当時のわたしは、とある大手エステサロンで働いていました。服飾デザイナーから思い切って転身した憧れの職場でした。ですが、待っていたのは活気がある反面、とても忙しく施術者不足で一日に10人のリンパマッサージ、脱毛5時間ぶっ通し、フェイシャル10人ぶっ通しなどという、過酷な日常だったのです。そう、普通なら施術者5人とかで回さないと、施術者の健康も危ぶまれるような危険な状態でした。今で言う、完全にブラック企業ですよね。

脊髄側弯症の私は、同じ姿勢を長時間取ることで体に大変な負担がかかってしまうため毎日整骨院に行き、キネシオテープを背中に貼って出勤していました。そんなハードだけど<お客様の役に立っている!!>という気持ちで充足した日々だったのです。ですが、人に癒しを与えるばかりで、自分のケアができていなかったため、バーンアウトしてしまいます。

私はサロンの仕事をやめて、少し休憩することにしました。そのとき出会ったのがアロマテラピーです。当時の日本ではあまり知られていなくて、イギリスから伝わったばかりでした。癒しに興味がある方たちの中で、話題になっていたものを流行り好きの友人が教えてくれたのです。あまり情報もなく<マニアックな趣味><一部の流行好きの人たちの趣味>と、紹介されていましたが、いい香りに・・・本当に身も心も癒されて、どんどんはまっていきました。

今でこそ精油は雑貨屋さんやアロマショップで簡単に手に入りますが、当時、関西ではアロマショップが唯一、一軒あるだけでした。そこに私は、足しげく通っていたのです。そして、ワンディレッスンなどに参加して、アロマのことを知れば知るほどに、本格的に資格を取りたくなっていました。ですがその後すぐ、プライベートで、結婚することになってしまい、資格を取るところまでは至らなかったのです。

結婚後は個人的に、自宅でお友達にトリートメントする程度で、楽しみました。そして、妊娠。私は30歳を過ぎていましたが、どうしても欲しかった子供を授かることができました。医師からは難しいであろうと言われていた出産だったのです。だからこそ毎日、幸せを感じながら育児を経験していたのです。

でも張り切りすぎたのでしょう。過労で入院することになってしまいました。娘が8ヶ月のときのことです。初めての子育てに自分では気づかないうちに疲労を溜め込んでしまっていたのですね。私は入院してしまったのが、なによりもショックでした。体力も弱り、気持ちも滅入り、先を思い悩んでぐじぐじしました。

そんな私に、友人がお見舞いにと <ラベンダー>の精油をプレゼントしてくれたのです。今まで、散々手に取って馴染んできた精油です。こんなん知ってるわ・・・とせっかくの友人の好意にもネガティブな言葉を口にしながら、一滴手に落とし、両手をこすり合わせて香りを嗅ぎました。

するとどうでしょう?今まで固くにぎりしめていたものが、力がふわんと抜けて行き、穏やかな気分になっていったのです。それまで口を開いたら、愚痴っぽくぐじぐじ言っていました。けれど「今日はいいお天気。なんか良いこと有りそうやね」そんなことを言ういい気分になりました。

後から知ることになったのですが、これはサトルアロマテラピー(精油の持つエネルギーを活用するアロマセラピー)の理論。ラベンダーの波動は、過去を洗い流してくれるエネルギーを持っていて、水星というものすごく流れの速い星が支配しているため、洗い流すパワー(浄化)が強く、早いんだそうです。

あの時、友人がくれたラベンダーの波動に共鳴して、わたしも浄化できたのでしょう。私はたった一本の精油で、立ち直ることができたんです。結婚して、自由に使えるお金もないから、落ち着いたら勉強しよう・・・と、子育てにも忙しく、縁遠くなっていたアロマの世界でした。友人がくれた、たった一本の精油がきっかけで、またスクールに通い始めることになってしまいました。その時、何も言わずにこっそりその学費を貸してくれた、実家の母には感謝しています。

今でも、アロマバスとして、お風呂に精油を入れ・・・セルフトリートメントをし、石鹸を作ったり・・・アロマは私の生活の一部になっています。そこからの私は、心身の不調をアロマテラピーやフラワーレメディなどの自然療法で解決してきました。自分自身の実体験で、アロマの力を知っているので、同じような悩みを抱えている人たちに役立てたいのです。

何を試してもダメ、と思っていても、探せば必ず道はあります。今、身体の不調で悩んでらっしゃる方たちの気持ちと、共に元気に生きるお手伝いができれば、と願っています。

アロマセラピーの楽しみ方やフラワーレメディについては、ブログに書いていますので、ぜひご覧ください。

アロマセラピストとしての略歴

1998年:

服飾デザイナー時代に日々の癒し、リラクゼーションとしてアロマセラピーを取り入れ始める。

2007年:

出産後に経験した様々な不調から救ってくれたことに影響を受けセラピストとして歩み始める。

2008年:

子供とのコミニュケーションや自身の心身のケアとしてアロマセラピーを取り入れながら、アロマインストラクターとチャイルドケアインストラクターの資格を取得する。
その後、西宮のカフェや公民館などで出張講座・セラピーをおこなう。

2011年:

就職者支援訓練校にてセラピスト養成講師として講座担当する。

2015年:

緩和病棟アロマセラピスト、
(株)ステラマリス講師として神戸 大阪・京都のカルチャーセンターにて講座を担当する。

2016年:

拠点としていた親子カフェが閉店となったことをきっかけに、甲子園口へ拠点を移しセラピーの内容も一新する。

2017年:

神戸 大阪・京都のカルチャーセンターにてhappynewsオリジナル講座アロマライフ講座開講。
手のひらの愛を伝えるバスボム講座開講。
WEBサイトリニューアル。
漢方(中医学)エステサロン勤務時代に培った中医学の導きや独自の洞察から 様々な「ココロと身体のサイン」を分析し、美しく健康に痩せてリバウンドしにくい体質を作る痩身プログラムが人気に。

主な取得資格

  • 日本アロマコーディネイター協会(JAA)認定アロマインストラクター(認定校主宰)
  • 日本アロマコーディネイター協会(JAA)チャイルドケアコーディネイター
  • 日本アロマコーディネイター協会(JAA)認定加盟校主宰
  • NARD JAPAN 認定 アロマアドバイザー
  • 日本レイキ協会認定レイキマスター(師範)
  • ライタリアン研究所認定エンジェルリンクRファシリテーター
  • ロイヤルセラピスト協会(RTA)認定初級リフレクソロジスト

主な受講履歴

  • インターカレッジ 色彩心理学 受講修了
  • フラワーレメディー基礎講座受講修了

講師実績・イベント出展実績

  • サンケイリビングカルチャー すぐに始めるアロマテラピー講座担当
  • 神戸新聞社 暮らしを彩るアロマテラピー 講座担当
  • 介護施設 デイサロンオーク様 ハンドマッサージ研修担当
  • 生野中学校保護者教養講座 お母さんのためのアロマテラピー興亜
  • 上甲子園公民館主催 ファミリーアロマテラピー講座
  • 子育てサークル様にて キッズオラクルカードセラピーレッスン
  • (株)マザープラス主催 ママのためのアロマテラピー講座
  • カフェクヌート主催 ママと子供のアロマテラピー講座
  • スポーツクラブにてリラクゼーションセクション立ち上げ
  • リラクカレッジ神戸校にてリラクゼーションセラピスト養成講座 講師
  • リラクゼーションサロンにて 新メニュー開発担当
  • リラクゼーションサロンにてアロマトリートメント研修担当
  • リラクゼーションサロンにて レイキヒーリング研修担当
  • 沖縄料理店大新様にて オリジナルブレンド精油、プロデュース
  • セラピストのための解剖生理学セミナー主催

【イベント出展実績】

  • 癒しスタジアム
  • モンプレジール アーリーサマーフェスティバル
  • 親子カフェ モンブラン 親子石鹸作り
  • azamiコンサート&ワークショップ
  • 親子カフェキッザイル アロマリラクゼーション、親子石鹸作り他

Happynews 概要

屋号

アロマテラピー&ヒーリング Happynews

事業内容

  • アロマテラピーサロンとスクールの運営
  • 香りのプロデュース
  • 各種セミナー 美容院・カフェ・整骨院様でのサロン立ち上げプロデュース
  • セラピスト養成 サロン研修
  • アロマテラピー、リラグゼーション、ヒーリング
  • 連絡先

    080 8150 4877

    代表者

    増田実佐子

    PAGE TOP